『バルコニーDIY』ブルックリンスタイル風バルコニーのコツ

部屋をブルックリンスタイルにしても、バルコニーがそのままだとなんだか違和感でお洒落度が半減してしまいますが、簡単にDIYでニューヨーク風に変身できちゃいます。

床はダークトーンの茶色を選びます。黒だと雰囲気が重くなってしまい、アンティークさに欠けるので土台となるカラーは温かみのある色を選びます。

赤みのある茶色かオレンジのウッドパネルを敷き詰め、テーブルは長細い物、椅子は一人用を置くのではなくソファスタイルもしくは一人用のソファを並べます。プランターで植物を育てるというよりは高さのある観葉植物をコーナーに置くのがブルックリン風でおすすめです。

まさにニューヨークにあるバルコニーのような、太陽が降り注ぎ光に照らされてより映える仕上がりになっています。

関連記事

  1. 『バルコニーDIY』北欧風バルコニーの重要素材

  2. 『バルコニーDIY』北欧風バルコニーを安く仕上げるには

  3. 『バルコニーDIY』北欧風バルコニーを手軽に仕上げるには

  4. 『バルコニーDIY』塩系インテリア風バルコニーの色使いとは

  5. 『バルコニーDIY』カラフルパワフル風バルコニーの重要素材

  6. 『バルコニーDIY』カラフルパワフル風バルコニーの色使いとは

  1. 『DIY体験談』クローゼットDIYの体験談をお話します。

  2. 『DIY体験談』フローリングDIYの体験談をお話します。

  3. 『DIY体験談』玄関DIYの体験談をお話します。

  4. 『DIY体験談』洗面台DIYの体験談をお話します。

  5. 『DIY体験談』バルコニーDIYの体験談をお話します。

カテゴリー